考えこむ女性

治療法

優しそうな医師

無料のカウンセリングや、無料相談で精神病の解決をしよう

躁鬱病の治療は、精神科や心療内科で行われます。治療法としては、主に向精神薬を利用した投薬治療がとられます。治療薬にも様々な種類があり、躁状態のときと鬱状態のときで処方される薬は異なります。ほとんどの場合、毎日しっかりと服用する必要があり、中断すると再度症状が現れてしまうこともあります。そのため、治療には根気が必要なのです。しかしながら、治療をしっかり行っていれば、症状は改善されます。

周りの人は不可解な行動パターンへは、受診をすすめよう

治療には、気分の波を緩やかにするための抗精神病薬や不安を軽減させる気分安定薬、躁状態のときの睡眠をサポートするための睡眠薬、鬱症状が重いときには抗鬱薬なども利用されます。これらを使い分けることで、躁鬱病の状態が深刻化することを防ぎ、社会的生活を送るのにも支障をきたすことが少なくなります。治療薬を毎日しっかり服用するだけでも、気分の上がり下がりが起こらなくなり、自分にも負担がかからなくなります。もちろん、それと同時に周りの人に迷惑をかけることも少なくなります。この治療薬にも個人によって合う、合わないがあるので症状が軽減できない場合や、その薬を飲んで生活に支障をきたす場合にはしっかりと主治医に相談を行いましょう。躁鬱病は、再発しやすい病気でもあります。しかし、きちんとした対応を行っておけば、リスクを最小限に抑えることはできます。そういったこともしっかり考慮し、躁鬱病の疑いがあると思ったときには、早めの治療を心掛けましょう。

病気の受診を早めにするのは、どの病気でも共通のことでしょう。そうなると精神疾患の病気でも、同じことが言えるでしょう。身体の病気と一緒のように、心の病気である精神疾患も治る病気といえます。ただし病院での受診が、遅れると慢性化して長引いてしまいます。精神カウンセリングの窓口などで、気持ちの整理をするように利用するのは気軽でしょう。これらは無料でおこなわれる、ケースが全般的となります。躁鬱病などの症状は、積極的に病気の、受診ができないこともあります。できれば無料の精神カウンセリングで、症状の主訴を訴えてみましょう。そうすることで、手遅れになることを防ぎましょう。躁鬱病そのものは、分かりにくく、そういう性格の人と勘違いされやすいでしょう。専門家への相談で、問題解決の突破口を探りましょう。

先ほども述べたように、躁鬱病は誤解されやすく、分かりにくい病気です。まわりから見ると、緊急性もなく、慌てて病院を受診しない面があるでしょう。それから怪我や事故など、のように傍目の救急対応がしづらいのです。また性格的に温厚な人や、実直なタイプで、問題為さそうに見えます。ただこういうタイプでも、複雑な世の中に、疲れてしまい罹患します。戸惑うばかりで、原因が分からずに、症状に悩むことがあります。病気そのものの、悩みと何ものか、釈然としない不安がこもります。躁鬱病の症状は、単なる奇異な行動や、様子と映ることがあるでしょう。ただしそれ等は、病気ゆえの症状なのです。人から逸れて一人ぽっちに、なってしまったり、損な行動を起こしたりします。不可解な行動パターンに、遭遇するとまずは、専門家への受診をすすめましょう。