医師たちと悩む女性

TOPICS

優しそうな医師

治療法

躁鬱病の症状を緩和するための治療法として、投薬治療が行われます。投薬治療には根気が必要となりますが、気分を落ち着かせ、自分にとっても周りにとっても負担が少なくなる方法です。

ハートを持った医者

重さ

躁鬱病は症状の軽い、重いで呼び方が変わります。もし重い方であれば、入院が必要になることもあります。早期治療を目指すのであれば、自分がどの程度の症状か把握することが大事です。

聴診器

サポート

躁鬱病の症状を自覚することは難しいため、親しい人からのサポートが必要です。もし、身近な人が躁鬱病になった場合は、サポートをする必要があります。それ以上の症状悪化を防ぐことができる可能性があるからです。

リスク

躁鬱病の恐ろしさとは

躁鬱病は、躁状態と鬱状態が繰り返す慢性的な精神疾患です。時期によって躁状態であったり、鬱状態であったりと大きく症状が変わるため、注意が必要です。両極端な症状が繰り返されるため、現在では呼び方が変わり、双極性障害という名称で呼ばれます。躁状態の時には、異常なほど調子が良く感じ、尊大な態度を取ってしまったり、お金遣いが荒くなってしまったりします。それが鬱状態に入れ替わると、次は躁状態のときの自分の行動を後悔してしまったり、何にもやる気が感じられなくなったりします。このような状態を繰り返している内に、どんどん症状は悪化していってしまいます。放置したままでいると、ときには入院が必要となる場合もあります。もし、上記のような症状で思い当たる部分があるのであれば、一度精神科や心療内科を訪ねてみるとよいでしょう。早期から治療することができれば、様々なリスクを回避することができます。躁状態のときには、アイディアが湧いたり仕事ができたりするので良い状態と思うかもしれませんが、実際には暴言を吐いたり、金銭トラブルで周りに迷惑をかけてしまい、人間トラブルが起こる可能性があります。社会的な立場を失うケースも少なくありません。

早期発見のためにはどうすべきか

また、躁鬱病は死のリスクもあります。特に鬱状態から躁状態に移り変わる時期は、暗い気持ちなのに行動的になってしまい、自殺衝動などをそのまま行動に移してしまうことがあるのです。自分の命を犠牲にしてしまう患者は、少なくありません。

 精神病というものは大変恐ろしいものですが、そのなかでも特に気をつけたいのが躁鬱病です。この病気は確実に広まってきており、その恐ろしさも知られるようになってきています。特にこういった精神病を特定する際には医者に掛かることが欠かせません。  とはいえ、医者にかかる際にはお得に利用したいものです。そんな際に役に立ってくるのがカウンセリングです。まずはカウンセリングでうつ病なのかどうかを知るということは賢いことでしょう。躁鬱病にはこういったカウンセリングも良いことであり、是非とも一度診てもらうことをオススメします。ネットでカウンセリングもできることもありますからこういったものは有効活用していくことが早期発見にいいのです。

 こういった躁鬱病は大変怖いものですがその症状はどういったものがあるのでしょうか。それは大変様々であり、症状も軽い藻から重いものまで千差万別なのです。特に怖いのが希死念慮であり、躁鬱病のそうの段階では特にこの傾向が強くなることはいがめません。それがこの病気の症状が大変恐ろしいと言われている理由にもなっています。こういった症状を緩和するには何よりも早期発見が欠かせません。早期発見には医者との連携とともに家族の気づきというものも必要になってきますから、常に家族の動向には注意し変化があったら気をかけておきたいものです。異常な気の動転といったものは躁鬱病の特徴の一つであり、こういったものがでたら躁鬱病を疑ってみるというのも忘れてはいけない点です。